遺言書作成のメリットとは?

遺言書は、故人が大切な親類に遺産を遺すためのものです。biss-tool01_l

 
そんな故人である被相続人の遺産相続をスムーズにおこなうためには、この遺言書は欠かせない存在なのです。
遺言書がない場合、誰にどのように遺産相続をおこなうべきなのかという問題が起こり、相続人同士でトラブルになることも考えられます。
相続人の紛争防止のためには、遺言書による相続手続きが大切になるのです。

 
もし遺言書が残っていない場合は、法定相続という民法により定められた相続人の相続分に従って、遺産を分けることになります。
しかし遺言書がある場合は、その遺言書の内容が法律で定められた相続割合よりも優先されることになります。

 
被相続人の死後の願いを込めて作成された遺言書があれば、相続人同士で話し合う必要がなくなるので、遺産分割協議の手間も省けるでしょう。
話し合いによる意見の不一致も起こる心配はありませんので、紛争防止にも繋がります。

 
相続人全員が納得するまで話し合うのは、なかなか簡単なことではありませんので、遺言書によって決められているほうがスムーズなのです。
親類である相続人たちがストレスなく遺産分割ができるようにすることも、被相続人の死後の願いなのではないでしょうか。