発見したらどうすればいい?

故人の遺志を確認する手段としては、現在では遺言書しかありません。

 

生前の意思を確認することによって、主に遺産をどのように分配するのかを検討することになります。しかし、単純に遺言書を託されていた場合には問題は少ないのですが、その遺言書が隠されていたり、故人によって厳重に保管されていたりした場合には、話が混乱してきます。そのような場合には、故人が保管していたことに意味が見いだされることになるので、たとえ親族であった場合にも、厳粛に対応する必要があります。

paso01_l

まず、遺言書が密封されていた場合の注意点として、密閉されている遺言書は絶対に弁護士などの介入なくして開封してはいけません。開封するということは、故人の遺志を反故にしたという扱いになるので、その時点で遺言書の効力がなくなってしまいます。

 

また、その他の注意点としては、遺言書の状態を調査するときには、必ず弁護士などの専門家を挟むということです。遺言書には、一定の規則があるので、その規則に違反があった場合には、遺言書が無効になる可能性があります。その状態などを検認するのが弁護士などの専門家です。専門家からの検認の結果、正当な遺言書であると判定された場合には、遺言書の内容が認められます。

Comments are closed.