検認確認の申立とは?

被相続人が死去した後、遺言書が出てきた場合、発見者は速やかに家庭裁判所に検認確認の申立を行って遺言書の検認作業をする準備をしなければならないです。つまり検認確認の申立とは遺言書の証拠保全を家庭裁判所にしてもらうことを言います。suica01_l

そして相続人全員で遺言書の確認をします。公正証書遺言でしたら、家庭裁判所で手続きをしないで済みますが、自筆遺言でしたら、相続人全員が内容を確認した後、中身を変えられても大丈夫になるように、裁判所が検認調書を取って遺言書の中身を記録しておきます。

ただそこまでしてもその遺言書が偽造だから無効だと思う人が居て、遺言無効確認裁判の申し立てを家庭裁判所にされたら、遺産相続はストップします。そして無効だと思う人は向こうの証拠集めをして家庭裁判所に提出をします。そしてその訴えが認められれば遺言書は無効になり、証拠保全の努力は無になります。

実際は直筆だから筆跡鑑定で分かりますから、偽造と判断されるのはほとんど無いです。しかし発見された遺言書よりももっと新しいのが出てきた場合とかは、同じ直筆でも新しい物優先ですから、そういう場合は先に発見された遺言は無効になります。それでも証拠保全の為に速やかに提出をしなければ罰金を取られますから、遺言書を発見したら、急いで検認確認の申立をする必要はあります。

Comments are closed.