執行人を立てて遺言を実行する

遺言執行者は遺言に従って遺産を分割して各相続人に配分をしていきます。この時被相続人に相続人以外の子供が居れば、遺言に従って認知し、その子を相続人として認めます。逆に相続人を遺言書の指示に従って廃除したりします。ただ認知と廃除は家庭裁判所に申し立てを行わなければならず、家庭裁判所が認めないと認知も排除も出来ません。

 

 

こうして相続人を決定してから、遺言執行者は財産目録を形成します。そして財産の種類や量を知って管理をします。そして遺言の内容に従って、財産の引き渡しや不動産の移転登記手続きを行います。それで遺言の内容に不服な者が居て、相続内容に従わなかったり、相続財産を不法に占拠したりするものが居れば、遺産の引き渡し請求をします。

 

 

それで遺言執行者の権限は遺言に記された相続財産までで、それ以外の相続財産には何も権限が有りません。だから被相続人が遺産分割をすべて遺言執行者に任せる場合は、遺言書にすべての財産を記載し、分割方法も記載をしなければならないです。

 

 

遺言執行者は遺言書に記されていなければ、必ず立てる必要は無く相続人がなっても問題はないです。ただ遺言通りに実行しなければ、家庭裁判所に申し立てをされてその遺産分割を無効にされてしまいます。

 

Comments are closed.